下肢静脈瘤は早めに治療を!

下肢静脈瘤は、血液の流れが上手くいかず逆流してしまうことから起こります。
私達の身体は心臓から血液が送り出されて動脈を通って栄養や酸素を運んでいます。そして静脈を通って老廃物などを運んでくるのですが、静脈についている逆流を防ぐための弁が何らかの理由によって機能しなくなると血液が逆流して血管に溜まってしまうのです。
そのため肌表面にも目で見てわかるほどの血管のこぶが出来てしまい、だるさや痛みなどが出てしまうのです。
立ち仕事を長時間している人や出産後になりやすく、また脚がいつもむくんでしまうと言う人は下肢静脈瘤になりやすいかすでに初期段階を迎えている恐れがあるので注意が必要です。
下肢静脈瘤はレーザーで治療することが可能です。
保険で出来る治療と自由診療による治療がありますが、保険での治療であれば3割負担の方で大体3万円~5万円ほどとなっています。
自由診療となると数十万円かかってしまうので出来れば保険で治療したいものです。

Comments are closed.