下肢静脈瘤の原因と治療法

静脈は体中を巡った血液が心臓に戻っていくために通る血管です。足の静脈には重力に逆らって血液が心臓に登って行きやすいように弁がついていて血液の逆流を防ぐ役割をしています。
しかし弁が壊れてしまうと血液が上に上がっていかなくなりう停滞して血管が浮き出るようになります。これが下肢静脈瘤です。
下肢静脈瘤を悪化させないためには、圧着ソックスやストッキングなどを利用して血液がスムーズに流れるように助けてあげる必要があります。根本的に治療するためには病院での治療が必要になります。
治療には硬化剤という薬を注射して静脈瘤を治す方法や、静脈瘤を発症している静脈を抜き取ってしまう方法、レーザーで静脈を閉じてしまう方法などがあります。静脈を抜き取ってしまうストリッピング手術は1~2週間の入院が必要となりますが、その他の方法は入院の必要はなく日帰り治療ができます。
どの方法が良いかは静脈瘤の程度などによって違ってくるので、医師と相談して決める必要があります。
銀座駅近く。下肢静脈瘤なら東京プライベートクリニック。

Comments are closed.